あーとのつくえ

アクリル絵の具で布に模様をつくる(ステンシル)

なかなか触れることのないアクリル絵の具

水を多く使えば、水彩絵の具にもなるし

水を使わずに使うと油絵のようにもなる

なによりすごいのは

 

水に溶けない 絵具 ということ。

 

その特性を使って、布にべたべた塗ってみます。

こどもワークショップでどうぞ。

 

2016-10-12_17-42-05_896

こんな手になっても、お湯でごしごしすれば

絵の具の皮がぼろぼろ落ちます。

服などには気を付けて下さい。

 

材料

ペットボトル、ハサミ、テープ、割りばし、化粧用パフ(100円)、アクリル絵の具

紙コースター、クリアファイル

 

 

まずは、

ペットボトルを切ってパレットをつくります

2016-10-11_16-37-01_88

フタと底を切り落とし、半分にします

 

 

2016-10-11_16-37-57_631

さらに半分に切って、4つにします

 

 

2016-10-11_16-39-24_609

横につなげて完成。

 

 

つづいて、筆づくり

割りばしを割らずに、化粧用パフ(四角)をはさみます

2016-10-11_15-32-20_936

割りばしが割れないように、輪ゴムで止めます

2016-10-11_16-39-32_828

 

ちょろっとだけ、絵具をだします。

短時間で固まるので

必要な量を、使う直前に出しましょう

 

 

紙でできたコースターを

2016-10-11_15-31-58_446

 

 

 

布の上において、端っこをマスキングテープで止めます

2016-10-11_15-32-36_527

テープや紙があるところは色が付きません。

 

 

 

2016-10-11_15-33-35_250

絵の具をぼちょっと取って、

コースターの上から、とんとんしていきます。

 

 

全部トントンした状態

2016-10-11_15-39-13_656

 

 

 

ゆっくりはがすと、穴があるとこだけ色が付きます

2016-10-11_15-39-57_732

2016-10-11_15-40-35_567

 

乾くのが早いので、少し放置するだけで固まります。

 

 

穴があるところだけ、色がつく

ということで、

いろんな穴を自分で切って作ってみるのもいいですよ

2016-10-11_15-56-02_347

 

クリアファイルをハサミで切って形を作りますが

一筆書きのように切って、切り口はテープでしっかり止めます

2016-10-11_15-48-25_812

 

できたら、布に置いて とんとん

2016-10-11_15-51-27_695

 

 

乾いたら、目を載せます

2016-10-11_15-55-12_57

2016-10-11_15-55-32_847

2016-10-11_15-55-46_952

2016-10-11_15-55-52_213

 

 

切り取ったところも、テープを輪にして貼り付け

布に置いて周りをトントン

2016-10-11_15-59-00_141

2016-10-11_15-59-42_606

2016-10-11_16-00-52_336

2016-10-11_16-00-56_935

 

お試しあれ。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。