あーとのつくえ

伸びて縮むマジックハンドの作り方(図解つき映像あり)

2017年から絵日記を描くことにしました。

 

今回は、工作の作り方を図解しながらお送りします♪

_______________________

引出の中を区分けする100円グッズで、マジックハンドづくり

 

定規をながーーーーくしたようなモノを探していたら

引出の中を整理整頓するために区分けするモノを発見!

マジックハンド 工作

なので、これ作りました。

 

伸び縮みして、先で何かをつかめるようにしたら

まさにマジックハンド!

 

切りやすく、穴もあけやすく、ゴミもほとんど出ない。

おすすめですよ。

 

そのほかに必要なものは

袋の口をしめるワイヤー入りのひも

セロハンテープ

キリ

ハサミ

これだけ。

 

 

穴を、おとなが最初に空けておけば、小学生低学年でもできる!

 

こどもワークショップでやってみました

90分で時間が余るかんじでした。

 

穴と部品をつくってあげて、組み立てるところを任せると

小学2年生でもできました。

(部品:小さいプラスチック板とワイヤーを通したもの)

 

 

こどもワークショップ マジックハンド

 

プラスチックの薄い板が2枚重なっているので

ひっかかってうまく穴に通せないこともあったりしましたが

終わりのほうではすすっと通してました!

 

 

 

小学中学年にもなると、部品作りも自分でできてました。

こどもワークショップ マジックハンド

 

 

 

 

さあ始めましょう!

図解つき、マジックハンドの作り方

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。